営業代行のメリットとは


“営業代行のメリットは採用コストが抑えられる事です。自社で人材を雇う場合、求人募集や選考、面接などの手間を掛ける必要があります。営業代行の場合は外注して委託する事になりますので、自社に掛かる負担を解消する事ができるのです。
外注するゆえに教育の必要が無いのも大きなメリットです。自社でスタッフを雇う際にはビジネスに関しての教育が必要ですし、経験の少ない人材なら尚更手を掛ける必要があります。さらには教育の為のスタッフも必要になりますので、何かとコストが掛かってしまう事になるのです。営業代行の場合は一定のスキルを持っていますので、教育に関するコストを掛けずに済みますし、さらには即戦力として期待する事ができます。その為、人材の教育に掛ける余裕が無い企業にも最適の存在と言えます。
長期で雇用する必要が無いのも営業代行の強みです。時期によって人手が足りなくなったり、反対に人手に余裕が出る事もあるものですが、余裕がある時に人材を囲っているのは無駄になってしまう事があります。営業代行は繁忙期など、人手が欲しい時だけ利用する事ができますので、その時々に合わせた人員で適切にビジネスに当たる事ができるのです。
ミスマッチの無い人材でビジネスを展開できるというメリットもあります。自社のスタッフの場合、案件に対して適切ではない時には再度雇用費用が必要になる事がありますが、営業代行の場合、ミスマッチと感じた時にはもっと適した人材に替えてもらう事が可能なのです。”