営業代行の仕事内容

“企業が自社のスリム化を図っていく傾向が強まっていることもあり、営業代行業者に仕事を依頼する企業が増えてきています。営業代行業者は企業の営業課が担っている仕事を代行してくれる業者ですが、仕事内容は多岐に渡っています。
その内容を大別すると2つに分けることができます。1つが商品やサービスの営業や宣伝の活動です。新しい商材の流通経路を獲得するために販路の候補となる業者を回って契約をしたり、宣伝広告の作成と展開を行ったりするのが一般的な仕事になります。しかし、マーケティングの戦略は広く、特にインターネットの登場によってWebを用いた販促を行ったり、販売経路を確立したりするといったIT革命の恩恵を利用した戦略もとられるようになってきています。
もう1つが営業や宣伝の活動のコンサルタントとしての仕事内容です。既にある程度確立された営業担当が設置されている企業では、新しい商品やサービスの提供に関して効果的なマーケティング戦略について師事を請いたい場合があります。マーケティング戦略の多様化は著しく、それについて学んで実践する機会を与えて営業課を育て上げなければ生き残っていけないというリスクがあるからです。そういったときに営業代行業者が営業活動のプロとしてその商品やサービスを効果的に広めていくための戦略についてアドバイスをするという仕事を担ってくれるのです。既存の販売経路についての分析や解析も行ってくれるため、新規経路の開拓だけでなく、販路の拡大においても重要な役割を果たしています。”

営業代行のメリットとは

“営業代行のメリットは採用コストが抑えられる事です。自社で人材を雇う場合、求人募集や選考、面接などの手間を掛ける必要があります。営業代行の場合は外注して委託する事になりますので、自社に掛かる負担を解消する事ができるのです。
外注するゆえに教育の必要が無いのも大きなメリットです。自社でスタッフを雇う際にはビジネスに関しての教育が必要ですし、経験の少ない人材なら尚更手を掛ける必要があります。さらには教育の為のスタッフも必要になりますので、何かとコストが掛かってしまう事になるのです。営業代行の場合は一定のスキルを持っていますので、教育に関するコストを掛けずに済みますし、さらには即戦力として期待する事ができます。その為、人材の教育に掛ける余裕が無い企業にも最適の存在と言えます。
長期で雇用する必要が無いのも営業代行の強みです。時期によって人手が足りなくなったり、反対に人手に余裕が出る事もあるものですが、余裕がある時に人材を囲っているのは無駄になってしまう事があります。営業代行は繁忙期など、人手が欲しい時だけ利用する事ができますので、その時々に合わせた人員で適切にビジネスに当たる事ができるのです。
ミスマッチの無い人材でビジネスを展開できるというメリットもあります。自社のスタッフの場合、案件に対して適切ではない時には再度雇用費用が必要になる事がありますが、営業代行の場合、ミスマッチと感じた時にはもっと適した人材に替えてもらう事が可能なのです。”

営業代行会社の探し方

“営業活動に関わる経費節減や営業力の強化や拡大の観点から営業代行を利用する企業が増えてきています。それに応じて業者の方も数が増えてきていることから、各社ではサービスの幅を拡張したりわかりやすくしたりするなど受けられる仕事を増やそうと努力を続けています。
営業代行を依頼する際の基本的な方法は次のようになります。まず、依頼したい代行業者を選定した後、電話やメール等でアポイントメントを取ります。業種等の専門性に関する情報をここで伝えることになり、それに応じてその分野に強い担当者が当てがわれ、ヒアリングが行われます。このときに商品やサービスについて説明し、販路の開発であったり、売上げの向上であったりする営業活動での目的と目標、担ってもらいたい営業活動について伝えることになります。また、その代行業者が持っているサービスプランや料金プランなどについても説明を受けられるのがこのタイミングです。そして、その後、ヒアリングに基づいて具体的なプランを営業代行業者が準備し、その内容と契約プランで構わないということになれば契約が結ばれ、営業代行が契約に従って開始されるという段取りになります。
このヒアリングと営業プランの策定に関する部分は業者によって行われ方が異なる場合もあり、サービスプランを確定してから担当者を変更するといったことがなされて時間がかかることもあります。営業活動を早く開始したい場合には、前々から依頼をしておくことが大切です。”