営業代行の仕組み

“営業代行は企業が本来行う営業活動を代行するサービスであり、近年になって顕著に利用されるようになってきた物です。その営業方法は多岐にわたっていますが、基本的には営業代行業者が企業が世の中に広めたい商品やサービスについて依頼を受けて訪問販売やテレマーケティング、ネットマーケティングなどを行って広告や販売経路の確立を行ったり、そういったマーケティング戦略について相談にのるというものです。
仕組みとしては単純であり、企業が持っている営業担当や広報担当の担ってきた仕事をそのまま請け負ってくれるか、そのコンサルタントとして働いてくれるのが営業代行なのです。
これがビジネスとして成立するのは企業側に大きなメリットがあるからです。ベンチャー企業のように営業活動のために人員を新たに雇って教育していては費用もかかり、競争力でも負けてしまう可能性が高いところでは、既にマーケティングについての高い能力をもった人材を抱え、確立されつつも柔軟な販売経路や宣伝経路とノウハウを持った業者に依頼してしまった方が営業効果面でも費用面でも効率的なのです。特に近年はベンチャー企業の隆盛もあり、こういった仕組みを利用する企業が増えてきたことからニーズが高く、ビジネスとして成立するようになっているのです。ただし、営業代行業者がこういったマーケティングを効率的に成功させるための下地を確立していることがこの仕組みが成立するのに必須であり、営業代行業者に最も求められることになります。”